• ホーム
  • 性器ヘルペスは皮膚ただれや、水ぶくれの症状がでる

性器ヘルペスは皮膚ただれや、水ぶくれの症状がでる

両手で持っている薬

性器ヘルペスは、陰部の周りの違和感から始まって水膨れやただれなどに発展していきます。
病変が現れる場所は、男性の場合は亀頭・包皮・冠状溝などの外陰部です。
女性の場合は小陰唇や大陰唇から会陰部や腟前庭部など外陰部に加えて膀胱や子宮頸管まで症状が広がっていきます。
男女で共通することは、臀部や肛門・太ももの周りにまで病変が広がる人もいます。
性器ヘルペスは、軽度の初期症状から始まり緩やかに強く全身へと悪化していきます。
再発時に病変が現れることになる部分は、初発時と同じ箇所になります。

しかし、病変が起きる範囲は初期よりも狭いことが多く、性器や太もも・お尻周りに小さな水膨れやただれが数カ所できます。
初期で起こった発熱などの全身性のものが現れることもほぼなく、鼠経リンパ節の腫れがあることも少ないです。
多くの場合は一週間以内に緩やかに自然治癒・回復するとされていて、短期間で不快感は治ります。
しかし、稀に免疫不全患者の場合は症状が重く治りにくいです。

再発した時に、軽度なのは1度感染していていることで免疫機能が働くためになります。
白血病やHIVなどで引き起こされる免疫不全の状態は、そもそも免疫機能が正しく機能しないので重症化してしまうのです。
深いただれになり再発も頻繁に起こるようになります。

回復しても再発する前には前兆のようなものが見られることもあります。
前兆としては、外陰部に違和感があったり太ももから下にかけてずきずきとした神経の痛みも出ます。
気をつけたいことは、間違えたり見落としてしまう病変です。

腫瘍は針の先端くらいで極小で、目視ができない子宮頸部だけに病変が現れてしまうこともあります。
多くのウイルスが存在しているので、知らないまま性行為を行ってしまうことで感染する確率が高くなってしまいます。
外陰部には異常が見られず、臀部や肛門だけに水膨れなどの病変が現れることもあるので特に気をつけてチェックする必要があります。

初感染では強い痛みと発熱を伴う

性器ヘルペスに初感染した場合、発症形態がもっとも重い症状が初感染の時です。
症状は急激に現れるので「急性型ヘルペス」とも言われています。
潜伏期間とはウイルスに感染してから症状が現れるまでの期間ですが、2~10日ほどになり個人差があります。
症状の特徴は倦怠感や発熱などの全身に症状を伴い、人によっては38度以上もの高熱になります。

まず、発症初期は性器に不快感や強い痛み・痒みを感じます。
その後に、赤い発疹や水膨れが現れそれらが潰れることでただれたような潰瘍となります。
水膨れは大きさが直径1~2ミリほどで、発症してから3~5日程度で丸い形の腫瘍を形成していきます。
これらの症状は、性器から太ももやお尻にまで広範囲にわたり広がります。
これには個人差もあり、一箇所に集まって現れることもあります。

患部からはむず痒さやひりひりした痛み、ほてりなどを強く感じます。
これによって、初感染してしまった人はかなりの苦痛を強いられます。
その他にも、足の付け根の部分にある鼠径リンパ節が腫れたり、痛みがあるという症状も多く見られます。

初感染時の症状は、万が一、治療を受けなかったとしても2~4週間で自然治癒すると言われています。
性器ヘルペスを発症してしまった場合、症状は男性よりも女性の方が重症化しやすいと言われます。
神経障害や強い痛みに苦しむこともあり、場合によっては入院をしなければいけない人もいるほどです。
倦怠感や発熱などの全身に現れる症状も女性の方が多いとされています。
女性は髄膜刺激症状や末梢神経麻痺など、神経症状に関する併発も見られます。
頭痛が極端に強かったり、排尿がしにくいということがあると、神経症状を併発している可能性もあります。

関連記事
バルトレックスは他の薬との併用禁忌がある 2019年10月25日

バルトレックスには併用禁忌とされている医薬品が複数ありますので、常用しているお薬がある方はよく確認をした上で服用を開始することが大切です。バルトレックスの併用禁忌薬として代表的なものに、プロベネシド・シメチジンやミコフェノール酸モフェチル、テオフィリンなどが挙げられます。バルトレックスに含まれている...

バルトレックスは妊婦への安全性は未確認 2019年09月26日

妊婦は服用する薬には注意が必要です。バルトレックスは妊婦への安全性は未確認ですから使用にあたっては冷静に判断することが求められます。妊婦中や妊娠の可能性がある方の場合には、病気による危険性がどの程度かで判断するようにしましょう。治療を優先したほうがよいかどうかの判断は難しいです。現状として妊婦への安...

セントレックスとバルトレックスの効能は同じ 2019年09月07日

セントレックスはヘルペスの新しい治療薬として多くの人に利用されています。これまで利用されてきたバルトレックスと言う薬のジェネリック薬品なので、だいぶ価格が安くなっており多くの人が利用できるようになっています。10錠入りの1箱で4,000円程度の費用で購入することができます。服用する方法は、患っている...

ヘルペスの治療薬であるバルトレックスは一般的処方薬 2019年08月22日

バルトレックスはヘルペスの治療に最も効果がある治療薬として一般的に処方されている薬です。この薬が国内で販売されたのは、2000年のことですが、今でもなお第一選択薬であり一番利用されている薬でもあります。治療薬の効果は高く、短期間の服用で最も治療効果を得ることができる薬として知られています。使用方法は...

口唇ヘルペスは、接触や飛沫によって感染する 2019年08月05日

口唇ヘルペスはヘルペスウィルスが身体に入り込んで悪さをすることで起こります。唇周辺に起こる炎症と痛みが主な症状です。そしてそのまま放っておくと、抗体を持たない場合は重症化して高熱を伴ったりします。そのため早い段階で病院へ行く対処が欠かせません。ただの口内炎だと思って放っておくとより痛い目に遭います。...