• ホーム
  • ヘルペスウイルスは感染力が強い

ヘルペスウイルスは感染力が強い

手のひらにあるカプセル錠

ヘルペスウイルスによる感染症として、口唇ヘルペスや性器ヘルペスがあります。
ヘルペスウイルスは感染力が強いので、発症したら周りの人にうつさないように注意する必要があります。
ヘルペスウイルスには単純ヘルペス1型と単純ヘルペス2型があり、口唇ヘルペスは主に単純ヘルペス1型による感染症で、性器ヘルペスは主に単純ヘルペス2型による感染症となります。
一度感染すると体内に潜伏し続けます。

口唇ヘルペスの症状としては、唇がムズムズしたりピリピリしたりする、水疱が出来てむず痒さや痛みを感じる、赤みや腫れが生じるなどがあります。
唇は人目につきやすい箇所なので見た目の悪さにもつながりますし、食事や会話や歯磨きや洗顔やスキンケアなどの妨げになるのでとても厄介です。
水疱の中には無数のウイルスが含まれていますので、潰さないように注意する必要があります。
直接触れたり食器やタオルのシェアなどが主な感染経路となります。

性器ヘルペスの症状としては、ヒリヒリとした痛みや痒みが生じる、水疱や赤いブツブツが出来る、太もものリンパ節が腫れるなどがあります。
女性の場合は排尿時に痛みが生じたりもします。
性行為が主な感染経路となるため、性病の一種として知られています。
感染していても症状が出ないこともありますので、感染したら徹底的な対策に努めて再発を防ぐことが重要になります。
再発予防のために再発抑制療法も用いられます。

ヘルペスウイルスの感染症の症状が出たら、すぐに治療を開始することが大切です。
治療の開始が早ければ早いほど治りも早くなります。
家族やパートナーにうつさないようにするためにも、感染力の高さをきちんと理解して速やかにクリニックを受診してこまめに手を洗ったり衛生管理を徹底したりして感染経路を断つことを心がけましょう。
治療は抗ヘルペスウイルス薬の飲み薬や塗り薬が用いられます。
塗り薬を塗る際は水疱を潰さないように気をつけましょう。

一度感染すると、症状が治まっても再発を繰り返す

一度感染すると症状が治まっても何度も再発を繰り返すというのがヘルペスウイルスの厄介な特徴です。
口唇ヘルペスや性器ヘルペスを発症するとヘルペスウイルスが体内に潜伏して、免疫力が低下すると再発してしまいます。
免疫力が低下している風邪や発熱などの際に再発するという人もたくさんいます。
再発の原因は免疫力の低下ですので、積極的な対策に努めてウイルスに負けない健康で強い体をつくることが再発予防への近道となります。

免疫力が低下する原因としては、疲労やストレスや睡眠不足や食生活の乱れや不規則な生活リズムやアルコールの過剰摂取や腸内環境の乱れなどがあります。
心当たりがあるという人も多いのではないでしょうか。
疲労やストレスは免疫力低下の大敵となりますので、日常生活の中にリフレッシュやリラックスすることが出来る時間や休息をきちんと設けて疲労回復やストレス解消に努めることが大切です。

睡眠不足を解消させるためには、寝室の環境を整えたり早めに就寝準備をしてリラックス感を高めたり音楽や香りやハーブティーなどで癒されたりして安眠に誘うことも重要なポイントとなります。
寝つきが悪い、夜中に何度も目が覚めてしまう、朝起きても疲れが残っている感覚があるなどの睡眠にまつわる悩みを抱えている人は積極的な対策に努めて睡眠の質を高めましょう。
それが免疫力のアップにつながります。

睡眠の質を高めるためには、寝る直前にテレビやパソコンやスマートフォンやタブレットなどのブルーライトを発するものを見ないようにする、アルコールやカフェインの摂取を控える、寝る直前は運動や入浴などで体温を上げないようにするなどを心がけることも大切です。
アルコールは睡眠の妨げになるだけではなく、過剰摂取により血中のアルコール濃度が高くなると免疫力の低下につながってしまいますので注意が必要です。

腸内環境の乱れも免疫力の低下の原因となりますので、乳酸菌や食物繊維やビフィズス菌やオリゴ糖などを積極的に摂取して腸内環境を改善させることも心がけましょう。
栄養バランスのとれた質の良い食事や適度な運動や質の良い睡眠や規則正しい生活リズムやストレス解消や疲労回復を意識して健康的な生活習慣を身につけることが免疫力のアップにつながり、ひいてはヘルペスウイルスによる感染症の再発予防につながります。

関連記事
バルトレックスは他の薬との併用禁忌がある 2019年10月25日

バルトレックスには併用禁忌とされている医薬品が複数ありますので、常用しているお薬がある方はよく確認をした上で服用を開始することが大切です。バルトレックスの併用禁忌薬として代表的なものに、プロベネシド・シメチジンやミコフェノール酸モフェチル、テオフィリンなどが挙げられます。バルトレックスに含まれている...

バルトレックスは妊婦への安全性は未確認 2019年09月26日

妊婦は服用する薬には注意が必要です。バルトレックスは妊婦への安全性は未確認ですから使用にあたっては冷静に判断することが求められます。妊婦中や妊娠の可能性がある方の場合には、病気による危険性がどの程度かで判断するようにしましょう。治療を優先したほうがよいかどうかの判断は難しいです。現状として妊婦への安...

セントレックスとバルトレックスの効能は同じ 2019年09月07日

セントレックスはヘルペスの新しい治療薬として多くの人に利用されています。これまで利用されてきたバルトレックスと言う薬のジェネリック薬品なので、だいぶ価格が安くなっており多くの人が利用できるようになっています。10錠入りの1箱で4,000円程度の費用で購入することができます。服用する方法は、患っている...

ヘルペスの治療薬であるバルトレックスは一般的処方薬 2019年08月22日

バルトレックスはヘルペスの治療に最も効果がある治療薬として一般的に処方されている薬です。この薬が国内で販売されたのは、2000年のことですが、今でもなお第一選択薬であり一番利用されている薬でもあります。治療薬の効果は高く、短期間の服用で最も治療効果を得ることができる薬として知られています。使用方法は...

口唇ヘルペスは、接触や飛沫によって感染する 2019年08月05日

口唇ヘルペスはヘルペスウィルスが身体に入り込んで悪さをすることで起こります。唇周辺に起こる炎症と痛みが主な症状です。そしてそのまま放っておくと、抗体を持たない場合は重症化して高熱を伴ったりします。そのため早い段階で病院へ行く対処が欠かせません。ただの口内炎だと思って放っておくとより痛い目に遭います。...