• ホーム
  • ヘルペスウイルスの対策は清潔な生活習慣が大切

ヘルペスウイルスの対策は清潔な生活習慣が大切

ヘルペスウイルスには単純ヘルペスウイルスの1型と2型の2種類があり、感染しやすいのは1型のヘルペスです。
1型のヘルペスは顔の神経でもある三叉神経節に入り込み感染し、口唇ヘルペスや角膜ヘルペスやヘルペス脳炎などを引き起こします。
2型のヘルペスは主に下半身にできやすく、性器ヘルペスやヘルぺス髄膜炎などを引き起こします。

ヘルペスは誰もが感染する可能性がある病気で、子供の頃に水ぼうそうなどにかかっている方がほとんどですので、大人になってから症状が出てしまうこともあります。
1型のヘルペスウイルスに感染している人は70~80%、2型は2~10%です。

単純ヘルペスで一番多い症状は、唇に最初にピリピリとした痛い感じがでてきます。
違和感を感じた後に、二日目ぐらいで水膨れができ、この水膨れがつぶれると中から液が出てくるので周りの皮膚にヘルペスウイルスがついてしまうと感染してしまいます。
水ぶくれが乾いた後、かさぶたになり、かさぶたはだいたい1週間から2週間ほどで直るでしょう。
最後はかさぶたが取れて元の状態に戻ります。

ヘルペスウイルスは一度治ったように思えますが、知覚神経節の中で潜伏し続けているので、免疫力が低下した時に、再び知覚神経節に潜伏していたヘルペスウイルスが再活性化するので、一度ヘルペスに感染してしまうと、何度も再発することになりますので、気をつけなければならないでしょう。

性器ヘルペスの場合は、性的な接触によってウイルスが感染します。
皮膚や粘膜に小さな傷があると感染しやすくなるので、このような時は性交は避けた方が無難です。
性器ヘルペスも一度感染すると何度も再発しやすくなりますので、注意が必要です。

何度も症状が出ている方の場合、ピリピリとした痛みやかゆみなどの兆候を感じるのでウイルスが再び出てくるのを認識することが出来ます。
早く治すためには皮膚科へ行って抗ウイルス薬を処方してもらいましょう。
ヘルペスの塗り薬や抗生物質などの飲み薬を処方してもらうと、ヘルペスを重くせずに軽めに直していくことが可能です。

再発を予防するには、ストレスや疲労をためない

ヘルペスが唇などに出来てしまうと痛みなどが伴いますので、食事をするのも難しくなる場合もあります。
ヘルペスウイルスは感染力が強いため、一度感染すると知覚神経節の中で一生潜伏し続けますので、何度も症状を繰り返しやすいので注意が必要です。
また毎日遅くまで夜更かしをしていたり、暴飲暴食など生活習慣が乱れているとヘルペスになりやすくなります。

再発の原因は免疫力の低下によるものですので、何度も再発を繰り返している方は、生活習慣を見直す必要があるでしょう。
疲労やストレスがたまると体が疲れてしまい、免疫力も低下していきます。
アルコールの飲み過ぎもヘルペスを再発させる原因となります。

疲れている時アルコールを飲むと、疲労回復効果やリラックス効果があるのではないかと思われるかもしれませんが、それは間違いでお酒を飲むと肝機能が酷使されるため、代謝運動のために体力が消耗され、体の免疫力も低下してしまいます。
またヘルペスが出来ている間はアルコールを飲むと、治りが悪くなりますので、アルコールは控えることが大切でしょう。
アルコールを控えることと、出来るだけ睡眠時間を確保し、十分な睡眠を取ることによってヘルペスを早く治していくことが出来ます。

ヘルペスを予防するためには、日焼けも大敵です。
日焼けは肌を殺菌してヘルペスウイルスを殺してくれるのではないかと誤解されている方もいるかもしれませんが、強い紫外線を受けると、肌の免疫力も低下してしまうため、ヘルペスウイルスが活発化する原因となりますので、注意しましょう。

普段からヘルペスを予防するためには、生活習慣を見直し、できるだけたっぷりと睡眠を取ること、食事は栄養バランスのよい食事を摂ること、お酒を飲み過ぎないことや、ヘルペスが出来てしまったらお酒は控えること、紫外線に当たらないことが大切です。
生活習慣が乱れてしまうと、すぐに免疫力が低下してしまうため、ヘルペスにかかりやすくなりますので注意が必要でしょう。

関連記事
口唇ヘルペスのあるパートナーのキスは控える 2019年12月04日

恋愛ドラマなどでもよく見かけますが、人間の愛情表現の一つにキスが挙げられます。また、性行為の最中にキスする方も少なくないでしょう。しかし、キスには恋愛表現や性的欲求を満たすという役割がありながら、行うことで様々なリスクが伴います。代表的なのが性病の感染リスクです。キスをすることで、様々な性病に感染す...

バルトレックスは他の薬との併用禁忌がある 2019年10月25日

バルトレックスには併用禁忌とされている医薬品が複数ありますので、常用しているお薬がある方はよく確認をした上で服用を開始することが大切です。バルトレックスの併用禁忌薬として代表的なものに、プロベネシド・シメチジンやミコフェノール酸モフェチル、テオフィリンなどが挙げられます。バルトレックスに含まれている...

バルトレックスは妊婦への安全性は未確認 2019年09月26日

妊婦は服用する薬には注意が必要です。バルトレックスは妊婦への安全性は未確認ですから使用にあたっては冷静に判断することが求められます。妊婦中や妊娠の可能性がある方の場合には、病気による危険性がどの程度かで判断するようにしましょう。治療を優先したほうがよいかどうかの判断は難しいです。現状として妊婦への安...

セントレックスとバルトレックスの効能は同じ 2019年09月07日

セントレックスはヘルペスの新しい治療薬として多くの人に利用されています。これまで利用されてきたバルトレックスと言う薬のジェネリック薬品なので、だいぶ価格が安くなっており多くの人が利用できるようになっています。10錠入りの1箱で4,000円程度の費用で購入することができます。服用する方法は、患っている...

ヘルペスの治療薬であるバルトレックスは一般的処方薬 2019年08月22日

バルトレックスはヘルペスの治療に最も効果がある治療薬として一般的に処方されている薬です。この薬が国内で販売されたのは、2000年のことですが、今でもなお第一選択薬であり一番利用されている薬でもあります。治療薬の効果は高く、短期間の服用で最も治療効果を得ることができる薬として知られています。使用方法は...