• ホーム
  • ヘルペスの治療薬であるバルトレックスは一般的処方薬

ヘルペスの治療薬であるバルトレックスは一般的処方薬

白い錠剤と葉

バルトレックスはヘルペスの治療に最も効果がある治療薬として一般的に処方されている薬です。
この薬が国内で販売されたのは、2000年のことですが、今でもなお第一選択薬であり一番利用されている薬でもあります。
治療薬の効果は高く、短期間の服用で最も治療効果を得ることができる薬として知られています。

使用方法は、成人であれば1回2錠を服用し、朝晩2回で5日間服用すれば症状を改善することができるのです。
ただ、1回に処方できるのが5日分と決められており、それ以上の処方は認められていません。
ヘルペスという病気は、神経細胞内にウィルスが潜伏し、ストレスなどを感じたときにウィルスが活発化して症状が現れてしまいます。
そのため、ヘルペスにかかったことのある人であれば、医師に処方してもらって常に常備薬として愛用している人も少なからずいるようです。
その際にも処方されるのは5日分になります。

バルトレックスの副作用は頭痛や眠気、意識障害等が報告されているため、服用中は車の運転などに十分気をつける必要があります。
副作用には個人差があるため、長年ヘルペスの薬を服用していてもそのような症状が現れない人もいるようです。

バルトレックスには主成分である塩酸バラシクロビルが含まれており、服用後に肝臓で吸収される際にはアシクロビルに変換されます。
この成分は他のヘルペスの治療薬であるゾビラックスにも含まれているので、結果的に効能は同じになります。
ただ、ゾビラックスの場合、バルトレックスに比べて服用する回数が多いため、忙しい人にとっては煩わしいと感じる方も多いようです。
第一選択薬のバルトレックスが用いられている背景には、服用回数が少なく、ウィルスの抑制効果が高いことから治療薬として広く認知されているためです。
バルトレックスは錠剤になっていますが、少々大きめなのでお年寄りや小さなお子様にとっては服用しづらいと感じることもあるかもしれません。

バルトレックスにはジェネリックもあります

バルトレックスは、国内で初めて販売されてから15年以上が経過した治療薬ではありますが、今でもなお第一選択薬とのことで広く用いられているのが特徴です。
バルトレックスは、ヘルペスの治療薬の中でも最も効果が高く、また最短の服用回数でウィルスの働きを抑制する効果があります。
類似薬にはゾビラックスやファムビルといった治療薬がありますが、特にゾビラックスは服用回数が多いのでバルトレックスのほうが好んで用いられています。
使用方法が簡単なのと、服用回数が少なく、また処方できる日数に限りがあります。
一度処方されたら、5日間分を遅滞なく飲まなければ効果は期待できません。
神経細胞内のウィルスの働きを抑制しなければヘルペスの症状を治療することができないためです。

バルトレックスの主成分は塩酸バラシクロビルです。
同じ主成分を持つバルトレックスのジェネリックも登場しています。
バルトレックスはゾビラックスやファムビルに比べ薬価が高いことがネックでしたが、後発品であるジェネリックは先発品のバルトレックスよりも安くなっており、そのネックを解消しています。
このバルトレックスのジェネリックは日本で認可されていないので、医療機関での処方ができません。
しかし、海外医薬品の通販を利用すれば容易に入手ができるのです。
ヘルペスというのは一度発症してしまうと、根治することはできません。
ストレスを始めとする外的な要因によって発症を繰り返すことになります。
そのためにヘルペスの発症に備えてバルトレックスのジェネリックを通販で購入して常備している人が多くいます。

バルトレックスやバルトレックスのジェネリックの服用中に副作用が出ることがありますが、それには個人差があります。
症状としては、頭痛や眠気、腹痛や下痢と言った症状が副作用として報告されています。
眠気を始めとする意識障害が副作用として報告されているので、服用中の方はできる限り運転をしないように心がけることが必要です。

関連記事
口唇ヘルペスのあるパートナーのキスは控える 2019年12月04日

恋愛ドラマなどでもよく見かけますが、人間の愛情表現の一つにキスが挙げられます。また、性行為の最中にキスする方も少なくないでしょう。しかし、キスには恋愛表現や性的欲求を満たすという役割がありながら、行うことで様々なリスクが伴います。代表的なのが性病の感染リスクです。キスをすることで、様々な性病に感染す...

バルトレックスは他の薬との併用禁忌がある 2019年10月25日

バルトレックスには併用禁忌とされている医薬品が複数ありますので、常用しているお薬がある方はよく確認をした上で服用を開始することが大切です。バルトレックスの併用禁忌薬として代表的なものに、プロベネシド・シメチジンやミコフェノール酸モフェチル、テオフィリンなどが挙げられます。バルトレックスに含まれている...

バルトレックスは妊婦への安全性は未確認 2019年09月26日

妊婦は服用する薬には注意が必要です。バルトレックスは妊婦への安全性は未確認ですから使用にあたっては冷静に判断することが求められます。妊婦中や妊娠の可能性がある方の場合には、病気による危険性がどの程度かで判断するようにしましょう。治療を優先したほうがよいかどうかの判断は難しいです。現状として妊婦への安...

セントレックスとバルトレックスの効能は同じ 2019年09月07日

セントレックスはヘルペスの新しい治療薬として多くの人に利用されています。これまで利用されてきたバルトレックスと言う薬のジェネリック薬品なので、だいぶ価格が安くなっており多くの人が利用できるようになっています。10錠入りの1箱で4,000円程度の費用で購入することができます。服用する方法は、患っている...

口唇ヘルペスは、接触や飛沫によって感染する 2019年08月05日

口唇ヘルペスはヘルペスウィルスが身体に入り込んで悪さをすることで起こります。唇周辺に起こる炎症と痛みが主な症状です。そしてそのまま放っておくと、抗体を持たない場合は重症化して高熱を伴ったりします。そのため早い段階で病院へ行く対処が欠かせません。ただの口内炎だと思って放っておくとより痛い目に遭います。...