• ホーム
  • バルトレックスは妊婦への安全性は未確認

バルトレックスは妊婦への安全性は未確認

妊婦は服用する薬には注意が必要です。
バルトレックスは妊婦への安全性は未確認ですから使用にあたっては冷静に判断することが求められます。
妊婦中や妊娠の可能性がある方の場合には、病気による危険性がどの程度かで判断するようにしましょう。
治療を優先したほうがよいかどうかの判断は難しいです。
現状として妊婦への安全性が未確認なのですから、基本は服用を避けるほうが賢明です。

バルトレックスというヘルペス治療薬は、副作用の危険が低く安全性が非常に高いものとなっています。
しかし、どのような薬であっても安全面を考慮して使用するということが基本です。
副作用が少ない安全性が高い薬であっても、安全面を考慮に入れればデータに基づいて安全性が確立している範囲内で使用するほうがよいです。

バルトレックスは先発医薬品であるゾビラックスと比べて吸収力が改善されているため、素早く吸収されることで素早く効果を発揮してくれるので効果の実感が早い薬となっています。
神経系に潜んでいるヘルペスウイルスを素早く見つけ出し、その動きを抑える働きがある薬です。

ヘルペスは放置していても症状は1週間から2週間程度で改善してしまうこともありますが、ウイルスそのものは体内に潜んでいる状態であるため、いつ再発してもおかしくはありません。
早い段階でバルトレックスを服用することで症状をスピーディに改善することができます。
また発症を抑制する働きもありますので早めに服用したほうが効果が期待できます。

だからといって、妊婦の方が安易に服用して良い薬ではありません。
妊婦の方が薬を服用する場合には慎重になったほうが賢明です。
悪影響のことを考えて使用を控えるか、それとも服用して素早く治してしまったほうが良いのかの判断は難しいものがあります。
薬の影響は妊娠時期によって異なるため、自分で正しい判断をするのは大変です。
バルトレックスを服用したいと思ったら、まずは医師に相談してからにしましょう。

出産後や授乳中の方の服用には注意が必要

バルトレックスの服用は妊娠中だけでなく、出産後や授乳中でも注意が必要です。
気になる兆候があったときには早い段階でバルトレックスの服用を開始したほうが効果的な治療ができます。
再発を繰り返している方の場合にはバルトレックスを自宅に常備してあるという方もいらっしゃいます。
しかし、妊娠中はもちろん出産後や授乳中の方の服用には注意が必要です。
明確に安全性を確立するにはデータが少ないですし、母乳にセントレックスの有効成分が混ざってしまう事があるからです。

妊婦中や妊娠の可能性があるとき、出産後や授乳中であっても、バルトレックスが必要となる可能性は考えられます。
しかし、治療を優先したほうが良い方に限って服用するほうがよいです。
なぜなら現在では妊婦への安全性が確立していないからです。
服用するとセントレックスの主成分が体内でアシクロビルに変換され、それが母乳に混ざってしまったという症例がありますので注意しましょう。

妊娠中や出産後や授乳中など控えるべきタイミングでも必要があって使用したいとなったときには、事前に必ず医師か薬剤師に相談するということが必要です。
いくら効果があるからといっても悪影響の心配があるタイミングでの自己判断には危険があります。

副作用の心配が少ないといっても、妊娠中や出産後、授乳後など限られたタイミングですから、危険は避けたほうが賢明です。
医師に相談すれば正しい対応をアドバイスして貰うことができます。
体調に変化があり、バルトレックスを服用する必要があると感じたときには、いきなりバルトレックスを飲んだりせず、まずは医師に相談するようにしましょう。
診断した上で適切な治療をして貰えるので安心です。

関連記事
セントレックスとバルトレックスの効能は同じ 2019年09月07日

セントレックスはヘルペスの新しい治療薬として多くの人に利用されています。これまで利用されてきたバルトレックスと言う薬のジェネリック薬品なので、だいぶ価格が安くなっており多くの人が利用できるようになっています。10錠入りの1箱で4,000円程度の費用で購入することができます。服用する方法は、患っている...

ヘルペスの治療薬であるバルトレックスは一般的処方薬 2019年08月22日

バルトレックスはヘルペスの治療に最も効果がある治療薬として一般的に処方されている薬です。この薬が国内で販売されたのは、2000年のことですが、今でもなお第一選択薬であり一番利用されている薬でもあります。治療薬の効果は高く、短期間の服用で最も治療効果を得ることができる薬として知られています。使用方法は...

口唇ヘルペスは、接触や飛沫によって感染する 2019年08月05日

口唇ヘルペスはヘルペスウィルスが身体に入り込んで悪さをすることで起こります。唇周辺に起こる炎症と痛みが主な症状です。そしてそのまま放っておくと、抗体を持たない場合は重症化して高熱を伴ったりします。そのため早い段階で病院へ行く対処が欠かせません。ただの口内炎だと思って放っておくとより痛い目に遭います。...

性器ヘルペスは皮膚ただれや、水ぶくれの症状がでる 2019年07月21日

性器ヘルペスは、陰部の周りの違和感から始まって水膨れやただれなどに発展していきます。病変が現れる場所は、男性の場合は亀頭・包皮・冠状溝などの外陰部です。女性の場合は小陰唇や大陰唇から会陰部や腟前庭部など外陰部に加えて膀胱や子宮頸管まで症状が広がっていきます。男女で共通することは、臀部や肛門・太ももの...

ヘルペスウイルスは感染力が強い 2019年07月06日

ヘルペスウイルスによる感染症として、口唇ヘルペスや性器ヘルペスがあります。ヘルペスウイルスは感染力が強いので、発症したら周りの人にうつさないように注意する必要があります。ヘルペスウイルスには単純ヘルペス1型と単純ヘルペス2型があり、口唇ヘルペスは主に単純ヘルペス1型による感染症で、性器ヘルペスは主に...